ペダック

 

日本人の約9割がO脚といわれます。
O脚は、筋肉や関節が外側に湾曲しているため、血流やリンパの流れが滞りやすく、それが原因で膝や腰の悩みを引き起こします。
現代人、特に女性は足の外側に体重をかけて歩く傾向があり、筋肉や関節までも徐々に外側に開いてきてしまいます。
この外側の体重移動こそが、O脚の根本的な原因です。

O脚

ドイツでは、足以外には診断しない専門の医者や技術者が数千人もいます。
こうした足の健康を重視してきた長い歴史の中で生まれたのが、ペダック(靴の中敷き)です。

人間工学に基づいた設計のインソール ペダック アーチケア ~ 快適歩行で美脚に

ドイツのペダック社とウォーキングの江口さゆり先生監修で共同開発した「ペダックアーチケア」は、人間工学に基づいた設計で人工的に足裏をサポートしてくれるので歩くほどに足裏をケアしてくれます。

履いた瞬間に感じる足裏のクッションは適度な弾力で、長時間歩いても足裏への衝撃を吸収するので、疲れにくく快適な履き心地です。
高級感があるので、靴を脱いでインソールが見えてしまうような場面でも安心です。

理想のアーチで快適歩行

フットケアの本場、ドイツでの研究によって完成した「ペダックアーチケア」。
お手持ちの靴に入れて理想的な縦アーチと横アーチを再現。
人工アーチが足裏を補整し、歩行時の衝撃クッションの役割をしてくれます。

足裏アーチが整い、しっかりした歩行をすることで足の血流渋滞もスッキリ。
夕方になると足が窮屈になる方も、快適に過ごすことができます。

理想的なアーチが形成されると、体重を理想の位置で支えることができて美しい歩行へとつながり、美脚へと導かれます。

気持ちよい履き心地

厚み約1cmの人工アーチが足裏にフィットし、ほどよいクッション性が心地よく足裏を刺激します。
歩行時における足裏への衝撃を吸収して負担をやわらげてくれます。

適度なやわらかさは、まるでベッドのように足裏を包み込み、優しくアーチを形成し、理想的な加重に導いてくれます。
表面はランクの高い羊革を使用しています。
裏面は滑りにくい設計が施されており、ずれにくい仕様になっています。
貼り付けタイプではないので、複数の靴に使えます。

【おすすめの歩き方】
かかとから着地→小指側へシフト→親指側へ蹴りだす。
これをスムーズに加重させて歩くことが美しい歩行姿勢のコツです。
【美しい足のポイント】
ひざはひざ頭に左右の隙間無く骨盤からまっすぐに伸びていること。
ふくらはぎは効率よい筋肉運動で、疲れにくい習慣が身についていること。
足首はくるぶしの骨がきちんと見え、細く引き締まって見えること。


美脚モデルFELICE代表 江口さゆり氏

名だたる大手モデル事務所で10代の頃から第一線で活躍。さらなる美の追求から、ウォーキングやポージング姿勢の研究を重ね、指導者としての経験を積む。独立後は、自身もモデルとしての活動の他、モデルウォーキング講師としてアクターズスクール等で活躍中。

ペダック コレクト ~ O脚・X脚対策 靴底が片すべりする方に

O脚(外股)・X脚(内股)の方の足それぞれにフィットして、快適な歩行とかかとへの衝撃負担を和らげます。
足を外側・内側に傾かせ脚のラインを補い、バランスのいいプロポーションを実現すると共に膝の負担を軽減させ、足の疲労を予防します。

※コレクトは左右に傾斜が付いています。
X脚野方は傾斜の高い方を内側に装着、O脚の方は傾斜の高い方を外側に装着して下さい。


ペダック プラスワン ~ O脚癖のある歩行の補整に

ペダックプラスワン

現代人、特に女性は足の外側に体重をかけて歩く傾向があり、筋肉や関節までも徐々に外側に開いてきてしまいます。
この外側の体重移動こそが、O脚の根本的な原因です。
ペダックプラスワンは、足の外側を厚く、中側を薄く、さりげない高低差をつけているので、歩く時の体重移動が自然と内側から行われるようになり、O脚癖のある歩行を補整します。

使用中使用後

ペダックプラスワンの特長
・理想的な位置と高さに設計
・吸湿性が高く、足をドライに保つ
・一足の靴から他の靴へ入れ替え可能

ペダックプラスワン