「夜用揉まれるサポーター」

足のむくみや疲れは夜の安眠を妨げる

就寝時の足つりの原因高齢者に多い、ふくらはぎの悩みは深刻です。
疲れた脚やむくみのケアが十分でないと、寝ている間にふくらはぎがつるという症状が出てしまいます。
足のむくみや疲れをケアしないと、筋肉が硬直して血流が悪くなり、それがつり(夜間痛)を起こし、安眠の妨げの原因にもなるのです。

足のむくみは脚やせの大敵

暑い夏はどうしてもクーラーを強くしてしまい、クーラーによる冷えに加え、暑くて運動不足にもなりがち、そのためどうしても血液循環が不良になってしまいます。
血液循環が悪いと疲労物質がたまって足のむくみ、だるさを感じるようになります。
また寒い時期に入っていくときに冷え性の方にはつらい時期になります。
冷えと足のむくみは血液循環不良という面では共通の原因だからです。

疲労 筋肉

朝はけたブーツが、夕方になると入らなくなるほど、足のむくみを感じたことはありませんか?
長時間同じ姿勢でいたり、立ちっぱなしの仕事を続けていると、脚に疲労が蓄積して筋肉が硬くなり、その結果として血液循環が悪くなり足のむくみの原因となります。
そのために疲れが抜けず体調不良の原因になることもあり、毎日の生活の上であなたの活力を削いでしまいます。

足の悩みは、血行不良、リンパの流れが悪い、長時間の筋肉緊張が原因です。
足のむくみ解消に効果的なのは、かたくなった足の筋肉をやわらかくほぐすことです。
筋肉をほぐして循環を良くすることで、血液やリンパの流れが良くなり老廃物が排出されやすくなります。

寝ている間に指圧効果と温感作用の「夜用揉まれるサポーター」

「夜用揉まれるサポーター」は着けて寝るだけで、じんわり温める保温効果と、ほどよい刺激の指圧効果で血行を良くし、翌朝足のむくみをスッキリ軽くするサポーターです。

つぼ押し

着けて寝るだけでむくみを解消してくれる秘密は、ふくらはぎのマッサージポイントに配置された12個の温浴シリコーン。
この温浴シリコーンにはラジウム鉱石とゲルマニウムが含まれていて、ふくらはぎをじんわり温めながら血行を良くしてくれます。
また寝ている間の自重や無意識に行う寝返りで、シリコーンがふくらはぎに適度な刺激を与え、マッサージ効果でほぐしてくれます。

温浴シリコーン

温浴作用指圧効果

全身がリラックス状態にあるのは睡眠中で、血液の流れをコントロールする自律神経も安定しており、「足から脳までの刺激伝達」が一番スムーズに流れるため、足 のむくみ対策をするのは、睡眠中が最適です。
この「夜用揉まれるサポーター」を睡眠中に着用することでふくらはぎのケアをしていくことができます。

寝ている間のふくらはぎケア

基本的に足はどこを押しても何かしら効果があるツボや反射位の宝庫。
「夜用揉まれるサポーター」は、寝ている間にはくだけで、マッサージ師の代わりに脚のマッサージをしてくれる画期的なサポーターです。

マッサージ

着用画像

宮田徹先生高輪メディカルクリニック スポーツディレクター 宮田徹先生
足 のトラブルは様々ですが、原因のひとつとしてふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)が疲労して緊張すると血管を圧迫したり、締め付けるため静脈のうっ血が起こる ことがあげられます。「夜用揉まれるサポーター」は下腿三頭筋の押圧ポイントに適度な刺激が入るため、筋肉のポンプ作用が生まれ、血行に働きかけます。ま たリンパ液や酸素の運搬も効率よく促します。